進む対策

木製のドア

車を所有している人はわかると思いますが、最近の防犯対策は進化していると思います。鍵をつくりかえることも出来なんです。どんな防犯システムなのか説明していきたいと思います。車一台につきその所有している鍵だけしか車には使うことが出来ないようになっています。もし別の鍵を使ってしまったら防犯ブザーが鳴る仕組みになっています。なった瞬間驚くと思います。盗難が多かった時代があって、それを防ぐために取り入れられたそうです。新しい車はそうなんですが、従来の車はそういったシステムが無いです。車の鍵もお店に行って作ることもできてしまいます。最新式の物はお店に行って作ることが出来ないので注意が必要になります。作る場合はディーラーに行く必要があります。

上記でも触れましたが、車の鍵にはチップというのが組み込まれています。車のデータが入っているのだと思います。同じ鍵が作れないようにしているんです。これが今の防犯対策なのです。誰も真似することが出来ないため車1台につき、そのカギしか使うことが出来ないです。新車購入時にスペアを渡されます。そのスペアにはバーコドも付属されています。それはもし無くした場合にバーコードがあれば同じものを作れるというシステムです。ですのでバーコードは無くさず大切に保管しておいてほしいと思います。もし無くしてしまった場合はディーラーに行きスタッフの方に相談してみてください。作るための費用はどうなのかもわからないですがこれが今の鍵の仕組みです。